ウカる履歴書・職務経歴書の書き方の見本サイト

LINEで送る
Pocket


ジョブセンスリンク

就職活動応援サイト・履歴書バイブル/ウカる履歴書の書き方の見本にようこそ!

◯サイト紹介
当サイトは就職活動応援サイトです。新卒者・転職希望者のための履歴書の書き方をご紹介しております。
書き方の基本は勿論ですが、自分をよりPRするための応用や、例文・見本なども掲載しておりますので、就職・転職活動に活かしていただければ幸いです。
履歴書は下書きをしていても書き損じる場合が多いですよね。修正テープは使えませんし、とにかく用紙の枚数が必要。わざわざ購入していては出費がかさんでしまいます。ダウンロードできる履歴書・職務経歴書・添え状用紙がございますので是非ご利用ください。

採用担当者は履歴書のココを見ている!ポイントを知って上手にアピール

求人広告を見て、企業に履歴書を郵送する人の数は年々増えていますが、採用担当者はその一つ一つをじっくり丁寧に読み込むわけではありません。彼らが履歴書1通にかける時間は、およそ1分程度だと言われていますから、ポイント部分に素早く目を通し、人材を選んでいることはまず間違いないでしょう。

では一体、担当者はどこを見ているのかと言うと、最も重要視されているのが学歴と職歴の項目。どんな学校に通っていたのか、どんな企業に勤めていたのかを真っ先に確認し、その人物が果たして即戦力になるかどうかを見極めるのです。特にライバル会社に勤めていた経歴を持つ人材や、その企業の業種に合った専門学校に通っていた人を、採用候補者としてチェックしておく場合が多いようです。

確かに、履歴書に書かれている志望動機も重要ですが、そこを読んでもらうためにはまず学歴・職歴に興味を持ってもらえることが大前提というわけですね。「良い学校、良い企業に勤めていた経歴は、就職や転職に有利だ」などと聞きますが、採用担当者に興味を持ってもらうために利用できることは確かです。


履歴書はビジュアル重視。とにかくキレイで見やすい、分かりやすいことが一番です!

◯持ち物
・コピーした履歴書
・修正液(テープ)を使用している
・鉛筆(シャープペン)で書かれた履歴書
・他社から返送されてきた履歴書の使い回し

例えば、職歴や学歴に自信がないからと言って、特技や趣味の項目、志望動機の欄に、細かい文字でびっしりピーアール文を書いてはいけません。あるいは職歴・学歴に自信があるからと言って、その他の欄が空白だらけであったり、文面が箇条書きであってもマイナスのイメージです。

履歴書はとにかく見やすく、分かりやすく書くことが基本。見た目がキレイな履歴書で、第一印象を良くすることが出来ます。捺印がキレイであることも、写真の印象が良いことも、志望動機などの欄が適度に埋まっているかも含め、履歴書のビジュアルには気を配りましょう。

その他にも、チェックリストにあるような非常識な履歴書は送らないようにしてください。履歴書を1枚1枚心を込めて書くのは大変気力のいる作業となりますが、手を抜いた履歴書で採用されるほど社会は甘くありません。

勿論、誤字・脱字にも注意します。写真だけでなく、履歴書はあなたの“顔”であり、人格をも表していることを、どうかお忘れなく。

【次のページ→履歴書の基本